クリニックのご案内
  • HOME
  • クリニックのご案内

つるかめクリニックとは

"楽しく、健康で、長生きできる"これは皆が願う最高の幸福ではないでしょうか。

中国の古い伝説では、鶴は千年 亀は万年の寿命を楽しむといわれ、長寿のシンボルとされてきました。また、鶴は空を自由に優雅に舞い、亀は力強く海を潜り、鶴と亀は長寿だけでなく生命力というものを感じさせます。

"楽しく、健康で、長生きできる"
これは皆が願う最高の幸福ではないでしょうか。

この願いの一助になれればとの気持ちから平成18年秋に江戸川区松島の地に在宅訪問診療専門のつるかめクリニックを開業いたしました。在宅訪問診療とは何らかの理由で病院に通えなく、また通わなくなられた患者様がご自身のお宅でも治療できるように、私どもが定期的にお伺いし医療支援をしてゆくものです。

在宅訪問診療の良いところは、患者様や介護をされているご家族のお話を聞いたり、診察するのに比較的長い時間がとれること、また患者様やご家族と電話ですぐに対応できるので、常に密なコミニュケーションを保てることです。このようにしてつるかめクリニックでは"かゆいところに手が届く医療"をめざしております。

在宅診療では人生の最後をいかにより良く過ごせるかを大切にしていますが、当院の外来診療では西洋医学の他に東洋医学や補完医療を取り入れた統合医療を行い、対話を重視しより良く治療ができることを目指しています。従来の治療法にとどまることなく、温熱療法を中心に患者様にあった最適な方法を一緒に考えながら進めてまいります。

診療方針

つるかめクリニックではその人の持っている自然治癒力を引き出し、問題解決に向けて一緒に歩んでゆくことを目指しております。

2010年2月より琉球温熱療法と点滴療法を2つの柱とし診療をはじめました。

体を芯から温めることと体に有効成分を取り入れることで体に新しい反応が生まれます。この反応
を利用し病気の問題解決に役立てます。

医師のカウンセリングでどちらの方法がご本人に適しているのか、また、両方行うべきか方向付けを行います。
必要があれば、ご本人に合ったサプリメントの提案もさせていただきます。すべて自費診療となります。

pagetop

診療受付時間

診療科目 火曜日~金曜日 土曜日
カウンセリング 15:00~18:00 10:00~18:00
琉球温熱療法 10:00~18:00 10:00~18:00
点滴療法・栄養療法 15:00~18:00 10:00~18:00

【休診日】日曜日、月曜日、祝日、年末年始
※在宅訪問診療に関するお問い合わせはお電話またはインターネットをご利用ください。

pagetop

ご予約方法

当院は完全予約制です。ご予約はお電話またはインターネットメールから承っております。

03-5879-2100

当院へのアクセス方法はこちらからご確認ください。

pagetop

院長プロフィール

医学博士 高橋正樹

医学博士 高橋正樹

経歴
平成2年度 順天堂大学医学部卒業。
順天堂大学にて脊髄再生の研究で医学博士号取得。
順天堂大学病院、順天堂大学浦安病院、都立駒込病院、NTT東日本関東病院、北海道大学病院
に勤務。
学会・認定医
日本整形外科学会認定専門医
日本脊椎脊髄病学会指導医
運動器リハビリテーション医
身体障害者福祉法指定医
機能性食品医用学会員
グルコサミン研究会会員
日本抗加齢医学会員
> 院長ブログはこちら

院長からのコメント

当院では琉球温熱療法と高濃度ビタミンC点滴の同日併用療法ができます。
健康維持の方はもちろんですが、特にがんに罹られた方に適応となります。抗癌剤、放射線治療中または術後経過観察中いずれにおいても行うことができます。

癌細胞が好む環境としては、低体温、低酸素、低血流、低Phですが、琉球温熱の作用により著しく血流が良くなると同時に血液の質が改善されるので、癌細胞にとって生育しにくい環境を作り出せます。
ここに高濃度ビタミンCを入れることでその癌細胞にさらなるダメージを与えることができます。
ヒト結腸と乳腺の癌細胞を培養した実験では、37℃より39℃で培養した方がビタミンC投与により多く癌細胞が死滅した結果が得られ、加温によりビタミンCの効果が増すことが示されました。

琉球温熱と高濃度ビタミンC点滴の相性はとても良く、副作用も特にありませんし、逆に抗癌剤や放射線治療を行っている方々の副作用が明らかに軽減されて、それらの治療を継続させる効果もあります。つまり、標準治療を下支えする力も持っていると考えられます。

私達は琉球温熱と高濃度ビタミンC点滴を一緒に行うことにより、患者さんが元気を取り戻し、癌と少しでも楽に向き合えるようにサポートいたします。

pagetop

メディア掲載

  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事
  • 温熱評価記事